トリプル X

 予告編を映画館で観て、ぜひ観たいと思いました。そして実際、映画館の大きなスクリーンで観ました。意外に混んでいて、スクリーンの目の前で観ることになってしまいましたが、それがかえって良かったのか、迫力はすごい。やはり映画館で観るべき映画です。

 飛行機からスカイダイビングし、パラグライダーで雪山の斜面に着地し、スノボで山岳滑降。他にもバイクシーンなど、本物のスタントを存分に見せてもらえます。
 クライミングシーンも少しありますが、『ミッション・インポシブル2』のトム・クルーズの下手なフリークライミングと違い、いいムーブをしていました。

 ストーリーは単純といえば単純ですが、映像の迫力が一番の狙いなのだからどうでもいいでしょう。でもその割にはしっかりしています。多くのスパイ映画のようにエリートではなく、「一般市民」のスタント好き野郎がスパイに抜擢されるという設定がいい。当然ながら賢い人物とは言えない。でも観察眼を始めとしてスパイの才能は十分兼ね備えている。
 そのザンダー・ケイジ役のヴィン・ディーゼルがはまっていました。私の中で彼の株は高騰。

 ヨーロッパで一番美しい町と言われるプラハが破壊されそうになる、という設定。
行ったことがある人ならば、さらに入り込めるのかもしれません(私は行ったことありませんが)。
プラハが舞台になっているアメリカ映画は、『9デイズ』など、このところ、かなり増えているのではないでしょうか。

 しかしどうして007を意識した作りにする必要があるのでしょうか。
少し前に観た『リターナー』も他の映画を意識していましたが、単なるスタッフの趣味なのでしょうか。マイナス要因にしかならないと思うからやめてほしいものです。

 音楽のノリがいいのは、同じ頃観た『凶気の桜』もそうですが効果抜群。カメラワークもいい。雪崩を発生させるシーンとそれに続くスノボでの滑降も見せ場と言えるでしょうが、残念ながらいかにも「合成」なので、ちょっとさめてしまいましたが。

 サミュエル・L・ジャクソンは相変わらずハイクオリティな演技でした。

 続編の『トリプルX ネクスト・レベル』にザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)は出演していません。新たなトリプルXは、ダリアス・ストーン(アイス・キューブ)。ルックスはヴィン・ディーゼルに負けていると思います。それに舞台はアメリカ国内のみでスケールダウンしているように思います。雪山も雪崩も出てきません。それでも、迫力は負けていません。クライマックスの高速列車のシーンは、現実をはるかに超えたCGで、非現実的ですらありますが、それでもここまでやってもらえると快感です。ところがこの続編、日本では劇場未公開だったのですね。DVDで観ましたが、映画館だったら、どんな迫力だったか、体験してみたいと思いました。

評価:92点

【監督】Rob Cohen ロブ・コーエン
【脚本】Rich Wilkes リッチ・ウィルクス
【製作】Neal H. Moritz ニール・H・モリッツ
【撮影】Dean Semler ディーン・セムラー
【音楽】Randy Edelman ランディ・エデルマン
【スタント・コーディネーター】ランス・ギルバート、ジェームズ・アーネット
【歌】
 Eve イヴ、
 Orbital オービタル、
 DMX、
 カシーム・ディーン、
 ジェイ=Z、
 ギャヴィン・マグレガー・ロスデイル
【出演】
 Vin Diesel ヴィン・ディーゼル(ザンダー・ケイジ役)、
 Samuel L. Jackson サミュエル・L・ジャクソン(アメリカ国家安全保障局員アウグスト・ギボンズ役)、
 Asia Argento アーシア・アルジェント(エレーナ役)、
 Marton Csokas マートン・ソーカス(アナーキー99リーダー ヨーギ役)、
 Michael Roof マイケル・ルーフ(トビー・リー・シェイヴァース役)、
 Eve イヴ(J.J.役)、
 Danny Trejo ダニー・トレホ(エル・ジェフ役)、
 Richy Muller リッキー・ミューラー(ミラン・ソーヴァ役)、
 Tom Everett トム・エヴェレット(ディック・ホチキス上院議員役)、
 Thomas Ian Griffith トーマス・イアン・グリフィス(ジム・マクグラス役)、
 ウェルナー・ダーエン、
 ペトル・ヤクル、
 ジャン・フィリベンスキー、
 Leila Arcieri レイラ・アルシーリ
【上映時間】2時間4分
【製作国】アメリカ・チェコ
【原題】XXX
2002年作品

amazon.co.jp「トリプルX」(関連DVD等)
amazon.co.jp「トリプルX」(サントラ)

Wander!映画